中小企業・小規模企業・零細企業専門の経営&ITコンサルタントが、頑張る企業を応援します!

ホームページを「育てる」支援 コンテンツ育成編 (運営支援)

ホームページは作っただけでは、何の効果ももたらしません。まずは、大きく立派に育って言ってもらうために、「周知」の作業と、「内容の充実」が求められます。

■ 多くの人にホームページを見てもらうために・・・


ホームページを公開したら、次は、顧客が自社のサイトを見てくれるよう対策を行う必要があります。なぜなら、公開しただけでは、誰も自社のサイトを知りません。知ってもらうための労力が必要です。

ホームページを見てもらうための方法として、主に以下の方法があります。

pc1.jpg

 ①検索エンジンサイトに登録する。
 ➁配布するチラシ・DMや名刺にURLを記載する。
 ③業種・業界などのポータルサイトに登録を行う。
 ④相互リンクをお願いする。


最初は、この①~④のうち、➁が最も効果が大きいと言われています。すばらしいホームページを作成したところで、知らない企業や業者に対して、取引をするのは、不安が大きいものです。それに比べて、チラシや名刺であれば、身近であり、かつ、既に顔見知りということも多々ありますので、取引上の信頼関係や安心感があるといえます。


では、「顔見知りだけにホームページを宣伝したところで、効果はないのではないか」と思われる方もいるかもしれませんが、良い企業・業者であれば、顔見知りの業者・顧客から、口コミで、紹介の幅か広がるという現象が生じるといったメリットがあります。

 実際に、良い業者があっても、紙ベースであれば、直接の顧客に渡すことはできても、口コミ広がりの間接的な顧客候補には、なかなか渡せないので、取引に繋がるケースは少ないといえざるを得ません。それに対し、ホームページであれば、URL(ホームページアドレス)を、教えるだけでよいので、インターネットを利用して、しかも正確に広がっていくということは、十分にありえます。(口コミであれば、話し手によって、脚色されるケースがありますし、聞き手のイメージによって、内容が異なってしまうケースもあります)

 では、「対策として、➁だけで良いのではないか」と思うかもしれません。
地域に密着した、地域に適したビジネスであれば、それで十分かもしれません。しかし、顔見知り同士の口コミの広がりは狭いことが多く、広域での新規顧客の開拓に結びつかないケースも多々あります。(ここでの広域とは、現状の商圏外での新規顧客を示します)

 そこで、新規顧客を獲得するために、①や③の対策が必要となってくるのです。
①や③は、全国、場合によっては、世界が対象となるので、商圏はあって無いようなもの。しかも、場所や規模に関係なく多種多様の企業・業者が攻めぎ合っているところなので、対策を行ったところで、直ぐに効果が出るものではありません。毎日、コツコツと努力を行っていくことで、徐々に効果が出始めるものなのです。しかも、少しでも休憩すれば、その場で、スタートに逆戻りをしてしまいますので、「継続」と「忍耐」が必要となってきます。



homepage_kontentu_log.jpg

■ アクセスログを利用したホームページ運営マニュアル(初級編)


 上記の続きは、初心者用のホームページ運用のマニュアルに掲載してあります。無料のアクセスログ解析ツール(Google Analytics)を利用したホームページ運用のヒントと方法、その改善の考え方を記載しています。当事務所の支援を受けていただいた方には無料で提供しております。それ以外の方は有料(500円、メールで送付)となっております。


 ご希望の方は、問い合わせの内容に「アクセスログ解析マニュアル希望」とご記入ください。


ティナ・コンサルティング

TEL:0745-31-5455
FAX:0745-31-5455

メールはこちら

2011年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
katana.jpg