中小企業・小規模企業・零細企業専門の経営&ITコンサルタントが、頑張る企業を応援します!

ホームページは、作るものではなく育てるもの

homepage_top.gif
 ● ホームページの「成功」と「失敗」の分かれ目

「成果の出ないホームページ」とは、どのようなものがありますか?
例えば、
  ・業者任せで作成したホームページ
  ・何年も放置状態のホームページ
  ・一社員が作成したホームページ
そのほとんどは、経営者の意図も、商売の本質も表現されていないのではないでしょうか?

また、逆に「成果の出ているホームページ」とはどのようなものがあ homepage1.jpgりますか?
例えば
  ・たとえデザインがうまくいかなくても、自社で、
   皆が力を合わせて更新しているホームページ
  ・経営者も含めて、積極的な参加をして、
   作成したホームページ
  ・自分の言葉で表しているホームページ
いろんなものがあります。

この「成功」と「失敗」の分かれ目・・・・・
それは、「作る」と「育てる」といった考え方の違いなのです。
なぜなら、「作る」は一瞬の出来事。「育てる」は、継続するもの。経営を取り巻く環境は、日々、変化しています。それと同時に、変化に合わせて、企業も変化しています。その変化に、一瞬の対応である「作る」が、永続的に続くはずはないのです。企業の成長とともに、ホームページも「育てていく」必要があるのです。

● 「育てる」ためのWeb・ホームページ支援

 ホームページを「育てる」ためには、業者任せではいけません。なぜなら、自身の子供を育てるとき、自分で育てないとどうなりますか?血のつながりがあるはずなのに、なぜか、他人行儀的な子供に育ちませんか?それと同じです。ホームページも、業者任せで作り、育ててもらうと、思い通りに育たず、なにももたらしません。だから、当サービスは、あくまで、企業様自身が、「自ら作り」「自ら育てる」ということに、こだわって支援を行っています。

● 支援サイクル

 「育てる」わけですから、一連の流れで終了するわけではありません。企業の成長とともに、ホームページに関する環境もさまざまに変化していきます。それに対応するために、循環サイクルの支援を心がけております。
homepage2.jpg※1当事務所では、ホームページのダイエットとは、「増えすぎたコンテンツ」を、顧客視点で、整理する作業を示しています。多すぎるコンテンツは、来訪者を困惑させる原因ともなります。せっかく作成したコンテンツですが、削除・整理することも必要です。
※2当事務所では、ホームページのリフォームとは、「明らかにコンセプトや目的と異なってしまった」場合を言います。育てていくことによって、道筋がずれてしまうことも多々あります。目的を見直し、方向性を修正することは必要です。


● 支援内容

 各段階にあわせて、次のサービスを提供しております。

ティナ・コンサルティング

TEL:0745-31-5455
FAX:0745-31-5455

メールはこちら

2011年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
katana.jpg